たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市


スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2013年10月31日

祝福生命,祝福自己

  幾天前,壹場淒涼的秋雨把本就抑郁的心情拉扯得更加冰冷。秋天裏有太多無奈的故事發生,盡管它賦予人們收獲的欲望與遐想,但秋天的盡頭總是帶著無盡的惆怅與傷感。冷冷的細雨裏有多少枯葉紛飛,又有多少落花飄零,數不盡的思念從月眉到月盈,壹日壹日,望穿了秋水,望斷了思緒牛欄牌問題奶粉
  日子壹度蒼白如紙,讓我冰冷著生命。很久沒有出去走走了,“走出去,天空依舊朗朗,壹片豔陽天”,心開始向往外面的世界。試著打開窗子,敞開潮濕的心扉。室外陽光明媚,流雲冉冉,天空下燕輕呢,雀歡騰,應該是連日來少有的好天氣,心情也隨之缱绻,眉彎裏蕩漾著淺淺的暖意。
  有陽光的日子真好?!!!
  陽台上壹盆盆生命煥發著勃勃生機,那韌勁絕不亞于夏天的風采。春天裏我播撒下希望,看陽光雨露爲其輸送營養,開始灌溉壹顆心;夏天裏葉綠花紅,枝蔓也妖娆,誰說家花沒有野花香,小小的花株次第開,引得無數蜂蝶爲它忙;秋天裏那片片凋零的花瓣細數著日子的憂傷,枝葉已不再翠綠,半是枯萎半是光鮮,卻依然挺拔著傲視群芳。
  在這個明朗的秋日,修剪壹份心情,爲這貌似殘敗的生命,也爲自己。輕輕地撣落花塵,那袅袅的余香竟撲鼻而來,不覺讓人精神煥然,盡管空氣中飄著淡淡的憂傷。不忍心把曾經的記憶剪除,畢竟它裝點了幾季的輝煌,也曾演繹壹場繁花的盛宴。躊躇中,風的影子掠過,竟不經意間打翻了那份本已頹廢的景致,那早已幹枯萎靡的葉片孤獨的凋零,留下早已不堪折得花枝兀自伫立,于明朗的流光裏。
  幾乎是刹那間,擡頭,史雲遜護髮中心有效妳會被眼前的生命,那些招搖在枯枝與綠莖間的生命折服。壹兩簇嫩綠的新葉,綻放在幹癟的葉片下,枯敗的殘枝上。這是怎樣的壹種生命,頑強到生生不息。這應該就是自然賦予的生命的力量,在陽光下生命不止。我不在聶嚅,爲那份新生的力量,毫不留情的剪斷殘枝敗葉,讓光鮮的生命浸透陽光。壹顆五彩的絲帶牽系著懶散的腰身,也爲這深秋的生命增添壹份靓麗,壹份溫柔。
  盆猶在,景依然,只是诠釋了壹種新的希望,于這份明朗裏,生機勃勃,勃勃生機。
  九月的天空下,秋陽暖暖,流雲悠悠。
  日子開始紅潤光鮮。
  生命裏傳來久違的音符,跳躍在我的鬓角眉梢。當眸子重新明亮如初,洞悉壹切美好的希望,我看到有淺淺的笑飛揚,在深深的酒窩裏。
  夜,如期而至。璀璨的夜空,星光點點。似曾相識的月影,今夜亦加朦胧。哦,九月尾了。
  溫馨的燭光點綴著生命的年輪,記憶中生命從若幹年前的今天開始,應該頗有壹些淵源,于九月,在這份深秋裏。從不沾酒的我,允許自己在每年的今天醉壹回。因爲在這九月的盡頭,有花在芬芳,有生命在成長。品不出紅酒的年輪,卻品的到匆匆流逝的壹年裏自己的成長,幸福也罷,憂傷也罷,在記憶的路上曾經伴我壹壹走過牛欄牌問題奶粉
  今晚,在這個特殊的日子,我依然醉過,舉杯眉宇間,祝福生命,祝福自己,生日幸福……  


Posted by 汏尐姐  at 18:27心情

2013年10月16日

静かに伏そこで

太陽の光は暗く、よけてもっと高いところの空に目を細めて覗いてい人間。風をまとい身寒さ、振る舞い、思う存分かきむしる雲。混沌の空は、明らかには秋のメッセージを伝えている日文翻譯-啟思
朝、私を踏んで落満木の葉の道の上で、聴いていても足元に葉粉骨砕身の声、急にいくつかの不忍、そこで足を止めた。あの満身土気色の葉も気落ちして顔をしている、静かに伏そこで。本は、自然の人民もかつて枝の上でかつたが、時間非情に榨干靑春。年寄りじみた後、さらに人々の蹂躙を受けて、これは1件の事かな。高い枝から転落した上に、それらの張本人ように落ちぶれて、秋?この季節、疲弊したいくつかの鮮やかな色彩も、いくつかの人民を抹殺鮮やかに、きっとそっと大地に包まれの層で灰色。
秋の多くに染まっpolo衫定制て淡い憂いと悲しみ、重苦しい雰囲気に囲まれている人々はもともと気軽に気持ちを殺す。古来、秋蕭条と、寒々と直結だけでなく、それに風が冷たいと多くの人の気持ちがあるから、、秋はとても嫌な季節。
ちょうど私のぼんやりしている時、友達が後ろから走ってきて、私に渡す皮沢鮮やかなザクロ、一抹の特別な色、この片灰黄中特に目立つ。私は思わず明る目:忘れるところだった、秋も豊作季節ですね。代わりにしてみれば、秋は収獲のクリエーターにおいしい果物や食糧をもたらす、幸せと満足。私たちは人を見て相談秋の苦痛とともに、豊作を見るべきだ者たちの笑顔が。いわば、秋を台無しにしたいくつかの色は、いくつかの色を加えて。だから、秋は可愛いの季節。
時には、この様子では、一見矛盾したことはとてつもなく合理。まるで秋の手で壊して春が作ったものでは別の1種の方式を説明するために自分のすべてをもたらす。秋も、同じすばらしい存在を鑑賞することにわかるように、もし雪肌蘭、自分も夢中にさせる。  


Posted by 汏尐姐  at 15:40季節